11月
26
2013

イヤフォンあれこれ。その6

その5で手に入れたセカンドイヤフォンを売りました。今年は出費も多かった事だししばらくは追加は考えないようにしようと思っていたのですが。季節も秋冬になり空気が乾燥してきたせいか、愛用のMonster N-ERGYのカラっとしたドライさを寒々しく感じる事が増えてきた 笑。
いや、やっぱり好きですよ?笑 ロックのスカッとしたギターやエレクトロ、R&B系のドオンと沈む低音は満足いってます。が、やはり時には暖かみのあるヴォーカルも聴きたい訳で。
また試聴の旅です。

<求める条件>
・耳が蒸れるのと体がミニサイズのためヘッドフォンよりはイヤフォン。
・通勤電車で使うので遮音性が高いこと。というわけでカナル式。
・1回の平均使用時間:60分
・価格帯は6000〜20000円くらい (理想は3万円くらい…)
・使用機器:iPod touch第5世代直差し(荷物の軽さを重視)
・ビットレート:AAC 320kbps、Apple Lossless、AIFF
・よく聴く音楽:POPS(エレクトロ系、R&B系、JAZZ系)、ROCK(ギターロック系)
・求める音:音場広め、明るくクリアでタイト、低音が沈み込みメリハリがある事。女性ボーカルや高音にキラメキと艶、抜けが良いとなお良し。ソースに忠実というよりは聴いていて楽しい事。(すごく無い物ねだりなのはわかってます)

とは言え、闇雲に手に入る価格帯ばかり見て回っても仕方がない。ここはもう一段階上の音を理解してどこまでが叶うものなのかわかってからにしよう。
という訳で今回はフラッグシップモデルを中心に聴いてきました。
あくまでマニアック好みな私の主観たっぷりの備忘録です。

試聴記録

Westone 4R価格.com
フラッグシップモデル。BA型。調べて回ってると結構よく出てくるので知っておこうと試聴。
フラットで素直、柔らかく心地よいのが最大の特徴。けれどアタック感が薄いとも言えるので聴くジャンルを選ぶ。
私にとってはあまりにも素直すぎて好みからは外れる。価格ほどの価値は感じなかった。
アンプ通したら多分素敵な音がするんだろうな。とは思うけども。

Ultimate Ears UE900価格.com
フラッグシップモデル。BA型。そういやUE900は聴いてなかったなと思って。
THE フラット。600との差をそんなに感じなかったのはなんだろう。Westoneから柔らかさを若干なくした実直な音。やはりUEはUEであった。モニタータイプが好きな人にはいいと思う。楽しく聴きたい私にはちょっと違う。

moshiaudio vortex価格.com
ダイナミック型。重低音がすごくてコスパよし、な情報を拾って試聴。Monsterと少し似ている感じで確かに沈み込むのは良い。高音も明るくて結構キラキラしてるのが良い所。とは言え値段相応かな。
ただし中音域がやたら遠くて元気がない。ギターやピアノがつまらなく聞こえるのが残念。Monster N-ERGYと似た傾向のドンシャリだとは思うので、高音を取るか中音を取るかの選択かと。

SONY XBA-H1価格.com
BA型とダイナミック型を搭載したハイブリッド。実は私が求めているものはこのタイプだったんではないかと密かに思ったりしていた。ダイナミック型は沈みこむ低音が得意、BA型は細やかな中高音が得意。ただなかなか作るのが難しいようであまりお目にかかれないタイプだった。
聴いた瞬間ハッととした。
高音と低音の使い分けができている。低音が沈みこみ、中高音域はキラキラつやつやしていて、全音域が粒立って聞こえて驚いた。おおおっまさかSONYがはまるとは…!(SONY苦手)
ハイブリット万歳!なんて思ってテンション上げてじっくり聴いたけれど、よくよく聴き込んでいくと高音が明るすぎてちょっとキツい。やはりSONYの音だなあ。女性アルトのウォーム感がなくなってる。
ちなみに上位ランクのH2はまろやか素直になっておとなしい印象なのでちょっと違う。
H3は音質試す以前にハウジングがデカすぎて移動には使えないってことで試してない。
うーーん。高音がもう少し丸かったらコスパ的にも最強なのに。イコライザで高音を少し落とせばバランスよくなるだろうか?気になる。

Atomic Floyd SuperDarts + Remote SAF-EP-000013価格.com
フラッグシップモデル。BA型とダイナミック型のハイブリッド。
前回の試聴の旅で気になってたモデルだけどその後価格がこなれて2万円台に下がってきた。買えない事もない価格。
改めて聴くと本当に個性的なメーカーだなと思う。超ドンシャリ。そして超ドライ。低音域は他に真似できるメーカーはないかもしれない。圧倒的な迫力ある音量音域で沈むんだけど、残響が少なく後を引かないタイトな音。
高音は細かな音もよく拾い分離感もあれば音場の広さもある。がシャリシャリと刺さり気味というのは一貫してる。
中音域は潔く抑えて聞こえないんじゃないかと思うほど遠く、あまりにドライなのでキラキラツヤツヤした表現は期待できない。
でも細やか大胆な音は他になくて癖になるんだよ。気になって気になってしょうがない。
Monster N-ERGYがドライ寄りな音なので系が被ってしまうのだがそうでなければ思わず買ってる。

Klipsch Image X11i価格.com
フラッグシップモデル。BA型。
今回はKlipschが一番しっくりきた。のびのびした中高音はやっぱりこのメーカーが一番好きかなあ。
活き活きつやつや瑞々しくキラキラ。繊細で細かい音が素敵。かといって高音ばかりが強い訳ではなくBA型だというのに低音のインパクトがあってなんと沈む!BA型なのに! 量は若干少なめだし余韻は少ないけれど、中高音の素直で明るいのと相まってそれほど気にならなかった。じっくり聴いたけど特に嫌という所が見つからなかったな。音場もそこそこ広いし密閉感もない。
重低音モデルらしく同じドライバを使用した前の機種X10価格.com)のレビューでは高音がそれほど抜けがいい訳ではないような事が書いてあったけど、それでこれなら十分じゃないかなあ。というかダイナミック型っぽいBA型として聴くなら十分という事かな。
インピーダンスが50Ωもあるので音量上げがちになりそう。
正直欲しい。リモコンなしのタイプがまだないので、それが出た後もちっとこなれた価格になったら買えるかな。

ちなみに、前回の試聴では籠って聞こえてちょっと違う…と思っていたImage S4i Ⅱ価格.com)はやはり季節柄でしょうか、籠った感じは前回ほど嫌という感じはしなくてそこそこ聴ける事がわかった。大分価格もこなれてきたしこれで手を打つ事もできなくはない…けども。

X10が在庫のみだし4万近いのが16000円くらいとくればこれはこっち買った方が良くないか?笑

これも関連する話かも

Written by  

コメントはまだありません »

TrackBack URL:http://garden.jellybean.jp/archives/2013/11/26194813/trackback


コメントしてく?

Powered by WordPress. Theme: TheBuckmaker. Umschuldung, Xoppla