10月
04
2010

ミニ盆栽日記。2010年9月の様子

ナナシさんの身元探しから始まった9月。ようやく判明。

9/8 台風が来たので軽い落葉樹組をベランダの低い位置に移動。湿気った空気でコケが活き活き若緑色。






日差しが柔らかくなってきたのと、東側の朝日が当たりづらくなってきたので、紅葉させたい落葉樹組を日に当てたいこともあり、ベランダ暮らしを始めることにする。
上旬の日中はそれでもまだ痛いくらいの日差しなので、時折様子を見ながら。
ただし風通しが東側にくらべ緩やかなので、雨が多かったことと気温の低下とともになかなか乾かなくなった。9/10の時点で給水ペースが落ち、1日1回をやめる。
月末までに3日1度ペースで十分なくらいになった。
同時に苔のコンディションが悪化。モミジの3個の苔のうち一つとシャリンバイの苔がどんどん白茶色の蒸れ蒸れ状態になってゆく。風通しに注意するようになった。



9/12 剪定鋏を買ったので、ヘンリーヅタを剪定。だいぶ枝を整理したが、その分給水ペースがさらに落ちたものの、木そのものは強くて全く元気。

9/15 再びモミジにコバエ登場、2回水浴。

9/23 ヘンリーヅタのみの葉裏に産みつけられてたカゲロウの卵が見当たらなくなる。産卵シーズンが終了した模様。1ヶ月半くらいの格闘だった。

9/26
 ウバメガシのコケの間から小さなキノコ数本発見。即除去。この日まで常緑樹組だけ東側とベランダを行ったり来たりしてきたが、東側の朝日が全然当たらなくなったので全員ベランダ常駐に切り替え。

木自体は全員健康。時々新芽がぽつりと出たりするので摘み取る。
総じてじめじめしていた月だったので、苔の育成には良い環境だったはずなのに、今まで乾かし気味に育ててきたせいか、蒸れているのが心配。観察続行。

これも関連する話かも

Written by  

コメントはまだありません »

TrackBack URL:http://garden.jellybean.jp/archives/2010/10/04164844/trackback


コメントしてく?

Powered by WordPress. Theme: TheBuckmaker. Umschuldung, Xoppla