9月
07
2010

ミニ盆栽日記。1年目 落葉樹組?購入

7/12。室内に置く時にローテーションを組むため、新たに2鉢追加購入。

同じ店に行ったらあの鉢のシリーズは売り切れてしまったようで、ミニ盆栽コーナーができていた。ハイドロカルチャーのモンステラもとても可愛かったがハイドロカルチャーは何度も根腐れして懲りたので、やはり盆栽にする。苔玉もいいんだけど管理が難しそうなので鉢+苔。
ちょっとグレードアップして、玉砂利+苔+木なシリーズを2鉢連れ帰った。憧れのモミジさんとコウライヅタ…と書いてあったけど家で検索したら全然別ものの木(笑)
念のため殺虫剤をかけておく。




アカネモミジ。
今朝コバエ一匹見たけど(店にいたので覚悟はしていた)昨夜殺虫剤かけたから夕方いなくなってくれてることを祈る。増えませんように!
…と思ったがその後コケに住み着いているのを見つけたので、鉢4つとも再び食器用洗剤水に水浴した。



名前のわからない木。
小さくて丸い蕾がびっしり、開くと黄色くて小さな花になります。



ナナシさんは、友達に「マユミかな?」と教えてもらい調べてみた。しかし決定的な違いが。マユミは4枚花弁だがこの木は5枚…ニシキギ科ではあるんだろうけど、といろいろ辿る。
花弁だと思ってた黄色はおしべでした。葉の特徴に合致する種類が見つからないんだよなぁ。

1.花が先に伸び、その後幹に近い方に葉が生える。
2.葉は1枚目の後左右に2枚、さらに2枚同時に出て最終的に5枚になる。
3.幹に近い方から芽が伸びる。

ほか。

新入りさんは両方とも木、苔とも水の吸収が早そうなのでしばらくはこまめに観察。旧顔(常緑樹組)さんは逆に鉢カバー(穴無し)が蒸れやすくなっているようなので乾きめで。新入りさんの苔が奇麗なので最初に与えたダメージが回復してない旧苔がかわいそうに見える。蒸れた部分が黒っぽく汚い。ゴメンヨいたらなくて。

3つの木はとても手がかからず生長期の葉っぱの整理と冬の剪定、肥料は秋口にちょびっとだけで済みそうなのに、モミジはなかなか手がかかりそうということが判明。あの繊細で美しい姿は春秋のこまめな手入れあってこそだった…ダイジョブかな私。

これも関連する話かも

Written by  

コメントはまだありません »

TrackBack URL:http://garden.jellybean.jp/archives/2010/09/07163323/trackback


コメントしてく?

Powered by WordPress. Theme: TheBuckmaker. Umschuldung, Xoppla