6月
03
2007

step3:デフォルト設定と管理画面のカスタマイズ。

テンプレートをいじる前にやること。


1.エントリ画面のリンクボタンで「target="_blank"」となるようにする

mt-static > mt.js を開いて 「function insertLink」の部分から

setSelection(e, '<a href="' + my_link + '">' + str + '</a>');


setSelection(e, '<a href="' + my_link + '"target="_blank">' + str + '</a>');

に変更してアップ。

プラグインでもっと多彩な事が出来るとわかったのでこちらに変更。↓

1.エントリのリンクのターゲットを選べるプラグイン追加

上の方はリンクに問答無用で別窓設定をする方法だけれど、このプラグインは同窓か、別窓かが選べる上、過去記事へのリンクが簡単に貼れるというのが優れもの。

リンクの挿入をより便利にするプラグイン(MT3.2/3.3対応版)(The blog of H.Fujimoto)」からプラグインをダウンロード。えい。

あら〜何とも使い勝手が良いでは有りませんか。素敵。

2.WYSIWYGプラグイン追加。

070527kanrigamen.jpg

エントリ画面がこの程度の装飾しかないので、文字の大きさ変更とかのボタンを付け加えたい……。

ソンナキモチで気軽にWYSIWYGを入れてみる2(MovableType備忘録)を参考に「MTFCKeditor」を入れてみた。「Word」のようなボタンがずらずらと入力画面に並ぶはず。
→ 入ったには入った。とても簡単に。ただ、「引用」ボタンがないのと、

デフォルトのボタンとの切り替えが出来ず、ということは「引用」タグが

使えないという事に……。

追記(07/10/14)

TinyMCE for Movable Type」を入れることにした。

推奨環境 MacOSはTiger以上、マシンスペックもG5以上とありますが(うちはそれ以下)、ブラウザのFirefoxをクリアしているので、狐ちゃんを信じて入れてみる。

をを。動きますな。

ただし通常の改行設定とは相容れないっぽいので、使い分けが必要。



3.「改行を変換する」を改良するプラグイン追加

どーもエントリ画面のデフォルト状態では引用タグの中身の改行を認識しなかったり、という事が有るらしい。
という訳で。

「改行を変換する」を改良するプラグイン(The blog of H.Fujimoto)」からプラグインをダウンロード。えい。なんだかもうMT嫌になって来たな(笑)

ただしこのプラグインも微妙なところで動作しない事が有るらしいので、変な表示になったらここのことを思い出す事にする。

4.エントリーのプレビューを行うプラグイン追加

デフォルト管理画面の「確認」では、アップ後の姿とは違うCSSで表示されるため、確認の役目を果たしてないのであった。

あり得ない。何の為のプレビューなのか。

そんな訳でいままで投稿してきたエントリも、勘で「行けるだろ」とアップして、人様に要修正箇所をさらした状態で確認→修正していたのであった。良くない。良くない。

エントリーのプレビューを行うプラグイン(MT3.2/3.3対応版)(The blog of H.Fujimoto)」からプラグインをダウンロード。えい。
→これ、プレビュー用のテンプレートを、
もともとのテンプレをコピーして作る事で動作させるんですね。
ということは、テンプレートを確定させてからじゃないと、
意味がない、ということで。
一時保留。

こっちの方が簡単だった。plファイルをアップするだけ。

「確認」ボタンでプレビューできます。↓

MovableTypeのプレビュー機能を改良するStylePreviewプラグイン(改良)。(Junnama Online (Mirror))」からプラグインをダウンロード。

5.投稿日時を現在にするボタンを組み込むプラグイン追加

これこれこれ。これ探してました。
追記更新するたびいちいち「2007-06-03 21:50:00」の様式で書き換えなきゃいけなかったんだ。勘弁してくれと思ってた。

「昔からある場所、MTのプラグインを書く練習(greenplastic.net)」から「UpdateEntryPostTime」プラグインをダウンロード。えい。

おー、いいねーこれ。

6.言及リンクなしトラックバック排除プラグイン追加

ここからプラグイン戴きました↓
「Trackback Ping Link Lookupプラグイン(six apart)

むむ。上手く動作しない。原因究明中。


動作してた orz 迷惑トラバフォルダにわんさか入ってた orz

でも自分のテストトラバが受け付けられてるのは、どっかにこのURLのリンクが入ってるってことなんだろうか?

うーむよくわかんないけど、まあいいか。

7.エントリーを削除した際に、公開しているエントリー・アーカイブも自動的に削除させる

mt-config.cgi に「DeleteFilesAtRebuild 1」と付け加えてアップ。
これをやらないと、サーバ上にはファイルが残ったままなんだそうです。

キャッシュからアクセス出来ちゃうって事じゃん。なんでデフォルト設定じゃないの?

8.エントリーを削除したときに関連するアーカイブの再構築を自動的にするプラグイン追加

7.に関連するけれど、デフォルトではエントリを削除した時に再構築が最低限しか行われず、残骸がところどころ残るという話。なんじゃーそら。

という訳で。
DeleteAndRebuild Plugin公開(Ogawa::Memoranda)」からプラグインをダウンロード。

正式リリースの時に要らんエントリーを削除する事になるので、きっと役に立つ事でしょう。

9.コメント入力必須をメアドは対象から外す(07/10/14)

MTの設定では名前とメアドはセットでしか設定出来ない「必須」チェックですが、メアドは任意にするように設定。

名前だって匿名にすることも出来るけど(というか元々そんなようなものだ)、匿名でも名無しでも、入力されていないと最近のコメント一覧でブランクになってしまうこと、かといってメアドを毎度入れていただくのは忍びないこと、という理由で導入。

MT3.2 名前のみ必須にする(KAZMA’s WEB SITE++)」を参考にComments.pmを編集。

 

とりあえずこのくらいだろうか?

ふう。ここまで来るのに半月以上。疲れた。

次はテンプレートをいじります。ようやく。

これも関連する話かも

Written by  

コメントはまだありません »

TrackBack URL:http://garden.jellybean.jp/archives/2007/06/03222847/trackback


コメントしてく?

Powered by WordPress. Theme: TheBuckmaker. Umschuldung, Xoppla